メインイメージ

事故車の買取と告知義務

事故車の買取と告知義務について

車を買い替えるとき、事故を起こした車を保有している人は、その車の買取依頼をを諦めてしまい、見積もりも出さずに廃車にしてしまう場合が多いようです。しかし、事故車を廃車にする際にはさまざまなお金がかかり、その費用は高額です。廃車時にかかる費用としては、乗用車の場合には、一時抹消・永久抹消手続きが1万円前後、解体費用が1万3千円前後、また、レッカー代などの運搬費用がかかり、自走できない場合にはレッカー代が3万円以上となる場合もあります。それ以外にもリサイクル費用がかかり、5千円から1万5千円程度の出費が考えられます。もちろん事故車の査定額は減額されたり、あるいは値段が付かないといこともあります。しかし、凹みが大きかったり、年式が古くなりすぎた事故車でも、実はリサイクル可能な部品が多くあります。また、日本の車は、高性能で安全性が高く、品質がしっかりしているため、海外での評価は高いものです。そのため、エンジンやサスペンション、燃料ポンプ、ジャッキ、ヒューズボックスなど海外に輸出できる部品がたくさんあります。さらに、自動車リサイクル法の施行に伴い、事故車専門の買い取り業者なども増えてきています。そのため、事故車だからと諦めず、複数の業者に査定を依頼してみるとよいでしょう。廃車代が全くかからない可能性だけではなく、場合によっては値段がついてお金を得られるということも考えられます。
通常、車を売る場合には査定の段階で事故歴があるかどうかを問われることになります。自動車を売る際には修復歴の告知義務があるためです。どんなに綺麗に修復されていても、修復歴があるかどうかプロが調べればすぐに分かるものです。そのため、トラブルを避けるためにも修復歴がある場合には正直に伝えることが大切です。また、事故車専門の業者に売る場合でも、どんな事故を起こして車がどのようになり、どう修復したのかをしっかりと伝えておくと、余計なトラブルを避けることができるでしょう。
また、「事故車」というのは、事故に合ったすべてのことをそう呼ぶ訳ではありません。事故状態のまま修復していない車で自走が出来ない状態の車をこのように呼びます。事故歴があったとしても、修理を行って問題なく走行できているのであれば事故車にはならないため、事故に合った車専門の買取業者ではなく、一般の中古車買取業者のほうが高く売れる場合があるので注意が必要です。
また車を売る際は、信頼のおける買取業者に依頼することです。車を売るということは個人情報を渡すことにもなりますので、できるだけ信頼できる業者を探すようにすることが大切です。

Copyright© 2017 事故車をスクラップに出す前にAll Rights Reserved.