メインイメージ

最近の投稿

事故車を見つける選び方

事故車を見つける選び方

中古車を見たときに、それが事故車かそうではないのかことは中古車販売業者に対して確認を取れば「修復暦があるかないか」という点についてだけは確実に教えてくれるでしょう。
この「修復暦」、つまり車の骨格部分を直したことがあるかどうかという点に関しては法律で業者に対して説明義務があるとされていますので、嘘をついて答えれば違法行為になってしまうからです。
大手ディーラーのような場所であれば事故を起こしたのかどうかということは説明してくれるはずですので、そういった場合は直接聞いてみると良いでしょう。
ですが相手が初めて会うディーラーで信頼できない場合や、ディーラー自体が間違えている場合も有り得ないとは言えません。
そこで、事故車かどうかの選び方を抑えておくことで、自分の目である程度確認をすることが出来ます。
見分ける際には、ボンネットを開けた先のボルトを見ると良いでしょう。
ボルトは本来はずすものではありませんので、ボルトの角がつぶれていたり、ペイントがはげていたりするのであれば何らかの理由があってボンネットを外した、つまりボンネットを修理する必要があったのかもしれないということになります。
次に見るべきは、車の角などにある「インサイドパネル」と「コアサポート」の接合部分です。
ここがさびているのであれば、その車はほぼ確実に事故を起こして修理をしているといえます。
通常であればさびない箇所がさびているということは、そこに溶接加工を施した可能性が高いからです。
そして最期に、ルーフやドア、バックパネルといった場所のシーラーを確認することでも判断できます。
シーラーとは、そこから水や風が入らないように隙間を埋めている白い詰め物のことです。
これが乱れていたり、色が他のものと比べて変であったりするのであれば、そこに本来施されていたシーリングをはがして、部品を交換した過去があると判断できます。
もちろん、消費者に物を売るということは業者にとっても責任あることですので、本来であれば事故車かどうかということや、実際に影響があるかないかということは通常であれば聞くだけで教えてもらえます。
ですがこういった事故車の選び方を知っておくだけでも、自分で車のコンディションを判断できるようになるというのも事実です。
なるべくであれば相手の説明に加えて、ある程度は自分の目で見ての判断ができるようになっておくと良いでしょう。

Copyright© 2017 事故車をスクラップに出す前にAll Rights Reserved.