メインイメージ

ホイールアライメント

事故車に求められるホイールアライメント

事故車には「通常走行時、車が上下にガタガタと揺れる」といった症状や「ステアリングを操作していないにもかかわらず左右にステアリングが流れていく」といった症状が現れることがあります。
この症状の原因は、事故によってホイールに何かの影響が出ている恐れがあります。
ホイールアライメントとは自動車の4輪ホイールの配置や並び具合を調整するメンテナンスのことを指していい、事故車に対してはほぼ確実にこの調整が必要とされています。
自動車は本来4本のホイールが上手くバランスを取ることでまっすぐな走行を出来るようになっていますが、事故の衝撃や、タイヤの磨耗によってバランスが崩れてしまうと、上記のような症状が起きる原因となってしまうのです。
その作業内容として必要なものはいくつかありますが、まず確認されるのが「トー角」と呼ばれるものです。
車のタイヤを左右対称で見たときの、進行方向に対するホイールの角度がこのトー角と呼ばれるもので、直進性やタイヤの磨耗、ステアリングの中心のズレに影響します。
次に確認されるのが「キャンバー角」と呼ばれるものです。
これは車を真正面から見て、地面からホイールを垂直に見たときの角度のことを指しており、異常が起きている際の状態から「ハの字」として呼ばれることもあります。
これが異常な状態になっていると、タイヤが上手く設置しなくなってしまい、タイヤの中でも角が異常に磨り減ってしまって寿命を縮めてしまったり、旋回性能が落ちてしまうこともあります。
そして最も重要なものが「スラスト角」と呼ばれるものです。
車をまう目から見たときの、車両の縦の中心線と車の進行方向との角度差を指して言うものがこれにあたります。
中々イメージしづらいものですが、これがズレていると車が進行方向にまっすぐ進めず、何もしていないのに左右にブレて進行してしまうことになりますので非常に危険です。
事故車となってしまった車には、こういった異常が発生していることが非常に多くなります。
事故で壊れた場所は修理したから一安心とはせず、事故車を長く乗っていくのであれば念には念を入れてホイールなどの足回りもしっかりと点検をすることが必要でしょう。
信頼できる業者に依頼することで、ここまでに挙げた部位以外を加えた詳細なホイールアライメントを依頼することが可能です。

Copyright© 2017 事故車をスクラップに出す前にAll Rights Reserved.