メインイメージ

自動車のオークション

事故車もあつかう自動車のオークションについて

自動車のオークションでは、一般的には中古車などを出品して競りにかけます。この会場は全国各地にあって、常に沢山の中古車の売買が活発に行われているのですが、一般の人は参加することが出来ません。参加することが出来るのは、自動車関連の業者のみとなっていて、しかも会員制のシステムになっていますので、誰でも気軽に参加することはできません。会員以外は出入りも禁止されているのです。

この様な自動車のオークションでは、事故車を取り扱うものもあります。しかも、修理することなく、事故を起こした状態、或いは故障してしまった状態のまま出品され、売買が行われるのです。そのために、出品される事故車の中には、一体誰が購入するのだろうかと思える状態のものや、どうやって動かすのか分からないような状態のものまで出品されます。このような事故車のオークションでは、一般の中古車販売店などでは値段が付けられないような事故車であっても、事故車を専門に扱う買取業者が出品をし、それがまた別の業者で競りが行われ、落札されていきます。
どうしてその様な、もはや走行することも出来ない自動車が競売にかけられて、しかも買い手が付くのかと言いますと、理由の一つは、その自動車を修理して、また販売するためです。つまり、修理すればまだ売れると見込めるからこそ、競売にかけられて、落札されるのです。特に日本国内においては、既に生産中止となったスポーツ車の需要が説くに高く、例え事故歴や修理暦があったとしても、その人気が衰えることはなくて、全国にその様なスポーツ車の購入を希望している消費者がいるため、例えそれが事故車であったとしても売買の対象となるのです。

また、修理が不可能な場合であったとしても、ディーゼル車やマニュアルミッション車などの場合には、海外で高い需要がありますので、オークションで良い値段で落札されます。特に日本車は人気があり、ディーゼル車やマニュアルミッション車などは修理がし易くてしかも燃費が良いこともあって、とても好まれています。そこで、この様なタイプの自動車は、事故を起こしたものであったとしても、程度がよければ、即ち事故による損傷が小さければ、そのまま中古車として海外に売られますし、損傷が大きくて、自動車として修復が不可能な場合には、解体されて中古のパーツとして海外に売られたりします。この場合には、無料で廃車となった自動車やあるいは事故車として有料で引取られた自動車が大半を占めています。

Copyright© 2014 事故車をスクラップに出す前にAll Rights Reserved.